現在正社員ではない無職の人でもクレジットカードを作ることはできますか?

クレジットカードの審査に申し込む場合の書類には、「職業」を記入する欄があります。そのため、クレジットカードの審査には無職の場合は通過することができないと思われるかもしれませんが、必ずしもそういうわけではありません。

 

確かに、クレジットカードの審査ではどんな職業をしているか、あるいは安定した収入があるかどうかというのは大きなポイントとなります。発行したカードの使用分に対して支払いができるかどうかを確認するうえで、職業というのは大きな関係があるからです。

 

とはいえ、職業欄に記入することができないことが

 

そのままクレジットカードの審査で不利になる

 

ということにはなりません。もちろん正社員や公務員で働いており、毎月安定した収入を得ている人と比べた場合、クレジットカードの審査におけるハードルは決して低いとはいえませんが、それでも無職=クレジットカードの審査に通らないというわけではないということです。

 

一言で無職といっても、それがそのまま無収入にはつながりません。たとえば内職などをしていて収入を得ている人もいますし、在宅ワークなどで一定の収入を得ている人もいます。あるいは、株やFXといった投資で生計を立てている人もいることでしょう。

 

こうした人たちの場合、確かに収入の「安定性」は会社員などに比べて低いかもしれませんし、社会的にみれば「無職」といえるかもしれませんが、かといって収入がないかといえばそうではありません。クレジットカードの審査において

 

重視されるのはいわゆる返済能力つまりは「経済力」

 

なのであって申し込みの段階で無職かそうでないかということはそれほど大きな問題ではないのです。また、同様の理由からアルバイトで収入を得ている人であってもアコムマスターカードならクレジットカードを作ることは可能です。

 

フリーターなどの場合も世間的にみれば無職と同義なのですが、職業欄にこうした内容を記載して申し込むことで、クレジットカードの審査でも十分有利な材料となることでしょう。クレジットカードの多重債務はあまり聞いた事がないですが最終的におまとめローンに申込まなければならない状況だけは避けたいものです。